106歩目「資質」

  • 2017.09.21 Thursday

  • 西宮サドベリーの2017年度も

    半期を迎えます。

     

    この時期になると考えるのが

    来年度をどうするか

     

    家庭を持つ者として

    給与面、1年契約

    といった部分での悩みもありますが

     

    1番は「資質」の部分

     

    持って生まれたものか、磨く者なのかは知りませんが

    どんな職でも「資質」は必要だと考えてます。

     

    ではサドベリーで必要な「資質」とは?

    自分に「資質」があるのか?

     

    会社勤めの時も、教師時代も

    同じように考えてきたくせに、実はわかりません。

     

    子どもたちに関わる、教育の世界なので

    「子どもに好かれる」というのは必要なのかなー?

    程度のです。

     

    ということで

    このブログを見てくれてる方は、そんなに多くはないですが

    千里の道も一歩から!

     

    西宮サドベリースクールでは

    スタッフ候補者を毎年募集しています。

     

    興味のある方、是非!

     

     

     

     ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    103歩目「言い訳?」

  • 2017.08.31 Thursday

  • 個人的に

    「向上心」と「ないものねだり」は表裏一体と思っています。

     

    前者は「前向き」

    後者は「後ろ向き」

    といった、感じです。

     

    教師時代であれば

    教科としての壁(例えば、歴史は本物を見れない)や、

    規則の壁など

     

    サドベリーであれば

    子どもに頼まれても、出来ないこと

    仕事内容で、能力的や人脈的な壁など

     

    もちろん、出来ないことや知らないことに対する向上心や好奇心は

    常忘れないようにしていますが

     

    やっぱりそこはそれ

    一朝一夕にいかないですし

    山ほどの失敗をして

    時に「あーーー!!」っとなります。

     

    「あーーー!!」っと「後ろ向き」になると

    どこか別どころ(環境や時間など)に、ある種の責任転嫁しちゃう場合もあります。

     

    なので、私は

    「自分は万能選手ではない」

    「今できることを出来るだけ」

    を心掛けてはいるのですが

     

    これって、ただの言い訳なんじゃないかと

    いつもドキドキ…

     

    自信がないだけなのかと

    いつもオロオロ…

     

    メタ認知もまだまだままならない

    30数歳の晩夏なひと時でした。

    ※写真は文章と全く関係ありません

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    97歩目「戦略と戦術」

  • 2017.07.07 Friday

  • 簡単に言うと

    「戦略」は長期的な見通しや、目標達成のおおまかなシナリオ

    「戦術」は具体的な手段や、より実践的な計画

     

    実生活では出来ないほうですが

    歴史小説系やマンガはもちろん

    シミュレーションゲームも好きです。

     

    「軍師」諸葛孔明や「王佐の才」荀なんかにあこがれたものです。

     

    そして今

    スクールでは「カタン」というゲームが再流行しています。

     

    このゲーム

    戦略・戦術を駆使するものなので

    長年培ってきたものをここぞと発揮!

    と意気込んで挑戦

     

    結果は

    「現実は小説よりも奇なり」

     

    いつの日か

    「我、子房」

    なんて言われてみたものです。。。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    96歩目「念願」

  • 2017.06.30 Friday

  • かねてより念願だったことが

    西宮サドベリースクールの生徒のお陰で

    この度叶えることができました。

     

    それがこちら

    ニンテンドークラシックミニ!

     

    往年のファミコンソフトが30本入っているこの機械

    映像も、操作性も

    少年時代に幾度もなく絶望の淵へと落とされた難易度もそのまま

     

    現代の子どもたちの

    「難しすぎ!」との声と共に

    あーだ、こーだ!

    と外野も交えて言い合いながら、テレビを囲むのも

    当時のままの風景

     

    時代が変わり、環境が変わっても

    変わらない良さというものもあるものです。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    95歩目「居心地2」

  • 2017.06.22 Thursday

  • 新入生や転校生

    最初に「自己紹介」の場なんかが設けられたりします。

     

    それ自体は特段良い悪いは、個人的にありません。

    (ちなみに、西宮サドベリーではありません)

     

    しかし、居場所を自分で見つけれなかったり

    居場所だったところからはじき出された場合

     

    これでもか

    というくらいの手厚い保護をしてみたり、求めてみたりします。

     

    これには違和感があります。

     

    もちろん、手を差し伸べられたら嬉しいですし

    人として差し伸べたりもしますが

     

    それが過多になったり

    本人が求めてる以上(求めてない場合)となった時には

    もはやただの自己満足といっても過言ではないと思います。

     

    子どもは、大人が思っている以上に

    自分たちの道を自分で歩んでいけますし

    そういう場にすれば、どんどん力を蓄えていきます。

     

    「いらぬ親切、余計なお世話」ってことですね。

    バランスが難しいですが

     

    ちなみに、膝上以外には

    私の肩も、居心地がいいそうです。

     
     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    94歩目「居心地」

  • 2017.06.15 Thursday

  • 西宮サドベリースクールでは

    決まった教室も席もないので

    自分の居場所(文字通りの)は自分で見つける必要があります。

     

    子どもたちは

    初めは、ウロウロと腰が据わらずが多いですが

    そのうちに、色々と自分の居場所を見つけていきます。

     

    そういうところから自分で意思決定していく場なのです。

     

    そしてなぜか、私の膝の上を居場所としている子が何人かいます。

     

    曰く「座り心地が良い」だそうな

     

    毎日ではないのですし

    全然構わないのですが

    日が経ち、大きくなってくると

    結構痺れます。

     

    筋トレして

    硬いイスにでもなろうかなと

    ふと思う今日この頃でした。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    93歩目「急がば回れ」

  • 2017.06.08 Thursday

  • 何事でも

    1にも2にも、繰り返すこと

    これが上達への一番の近道でしょう。

     

    私自身、絵が好きなので

    絵が好きな生徒が、時々聞いて来ます。

     

    とはいえ

     

    とっくの昔に

    私より上手なんですけどね。

     

    それもこれも

    繰り返し描いているからこそ

     

    やり方や、能動的か受動的かなんかの方法論や

    センスなんかは別問題


    やればやるほど上達する

     

    ただそれだけの話です。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    91歩目「神ってる」

  • 2017.05.25 Thursday

  • 西宮サドベリースクールの子どもたちは

    私の容姿や言動に対して

    様々な形容をしてくれます。

     

    一番多いのが「おさる」

     

    サドベリーと言わず

    幼少のころから、最も多く形容されていることなので

    特別、感傷に浸ることはありません。

     

    が、なぜか唐突に

     

    「猿神様」として

    私を崇め奉る儀式が…

     

    「庚申」産まれなので

    隠しきれないオーラが出てるのかもしれませんね。

     

    こういった発想や形容は

    普段、どう感じているのかなどを知れる良い手がかりなのですが

    時には、眼鏡を買ってあげたくなったりもします。

     

     

     

     ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    90歩目「問題点」

  • 2017.05.18 Thursday

  • 子どもたちが選択権をもって、

    自分たちの意思で自由に活動する西宮サドベリースクール

     

    スタッフから提案することもなければ
    スタッフが何かさせるようなことはないです。

     

    となるとスタッフの仕事は

    主に、スクールの事務仕事全般となります。

     

    そうはいっても

    やはりメインは

    「子どもたちのサポート」

     

    子どもたちの要望にできうる限り応えていきます

    ※全部はいはいと聞くわけではないです。

     

    教えて〜となれば

    教えますし

     

    見てて〜なら

    見ます

     

    背中おして〜ときたら

    どんどん押しますし

     

    鬼ごっことなると

    全力で逃げます。

     

    となると

    スタッフは万能でないと務まらないのか?

    という問題が出てきて

    「自分には〜・・・」

    となりそうですが

    そんなことはありません。

     

    「できなければならない」

    というのは、ある意味呪いのようなもので

    その呪いはいろんなところに潜んでいます。

     

    出来ないものは出来ないでいいでしょうし

    出来るようになっていくのもいいでしょう

     

    子どもが選択権を〜というのは

    実は、大人が選択権を使ってないという表れなのかもしれませんね。

     

    などと考えつつ

    「俺が事務仕事やるから、だらだらしてて」なんて

    誰か言ってくれないか、

    ちょっぴり期待してる今週でした。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    88歩目「民意」

  • 2017.04.28 Friday

  • 民主主義の最大の根幹は

    文字通り「民=国民に主権があること」

     

    では、国民とは誰か

    日本では、天皇家以外の日本国籍を持つ者

    (選挙権は、18歳未満にはないですが主権は持ってます)

     

    では民意とは

    正確に言うならば、国民個々人の意見ですが

    日本の人口1億2千万がてらの意見を1人ずつ聞いて、

    全会一致で話がまとまるというのはまずありえないので、

    多数決による国民の総意が基本

     

    要は多が小に勝るということ

    声が大きい人(プレゼン力がある。行動力があるなど)が勝るということ

     

    通常であれば、それでも良いのです。

     

    が、ヒトラーは

    それら通常の民主主義によって選ばれ

    国民の総意、支持を得てたのです。

     

    それを封じるために「少数意見の尊重」があるじゃないかと思うかもしれませんが

    違います。

     

    ナチス党は、最初まさしくその「少数」であり、当時の人からも白眼視さえされていた集団が

    民主主義の下「尊重」され、長年の下積みを経て、国民の支持を徐々に取り付けていくのです。

     

    そして始まりは(少なくとも国民の支持を得始めた段階では)

    自分にとって、国にとって、子どもたちの未来にとって

    何かしら「よかれ」と思ってのことだった人は、少なくないのです。

     

    システム的にも心情的にも

    同じ過ちを繰り返さないようにと、あらゆる国々が個々人が色々取り組んでいます。

     

    が、民主主義とは、

    風が吹けば、いつでもどうなるかわからないものです。

    当然サドベリースクールも

     

    不変も普遍もあり得ないとは思いつつ

    なんかないかなーと

    ニンテンドースイッチのマリオカートをやりながら考えていた、この1週間でした。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR