115歩目「やる気スイッチ」

  • 2018.01.11 Thursday

  • 君の〜やる気スイッチはどこにあるんだろぉ

    みつけーてーあげるよ〜♪

    なんてCMがかつてありました。

     

    見つけてくれて、スイッチオンしてくれたら

    正直嬉しいですし

    オンした側も嬉しいもんです。

     

    ■ルーティーン■

     

    他力に頼るなんて

    やる気は、自分でオンにするもんだ

    受動的な体質が・・・

     

    なんて声もありそうですが

     

    他者からの声も「外部刺激」

    いわゆる五感の1つなので

     

    それをどう受け取って

    どう処理して反応するかは

    受け手側に決定権があります。

    ※パブロフの犬や、いわゆる洗脳的なものはここでは除外

     

    少し前に流行った

    「ルーティーン」も

    自らの行動ではあれども

    五感に刺激を加えて、スイッチをいれるものが多いです。

     

    顔をぺちぺちしたり

    音楽ガンガン聞いたり

    変なポーズして、うろうろしたり

     

    私もいくつかルーティーンがありますが

    どれも五感に頼ったもの

    ですね。

     

    ■親の心、子の心双方知らず■

     

    ルーティーンになるには

    自分でそれを構築していく必要があります。

     

    ところが存外、

    自分のことは自分でもわからないもので

    迷ったり悩んだりするのが世の常

     

    そんな悩んでるときに

    あーだこーだ言われたりなんかしたりすると

     

    「わかってんねん!やろうと思ってたのに!やる気なくなったわ!」

    なんてこともしばしば

     

    言った側も

    「わかってるならやれよ!人のせいにするな!」

    なんて言いたくもなっちゃいます。

     

    逆に言われないと、悩み続けて

    自分でも嫌にもなったり

    それ見て悩んだり・・・

    面倒な生き物です。

     

    対人からの刺激だから

    ややこしくもなりやすいのかもしれませんが

    何がきっかけでスイッチオンになったかは

    本人でもわからないものです。

     

    ということで

    西宮サドベリースクールの幾人かが

    アメコミヒーローにはまってます。

     

    たぶん、私がスイッチオンのきっかけです。

     

    何がかは、サッパリわかりません。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    112歩目「負けて学ぶ」

  • 2017.12.07 Thursday

  • サドベリーでの学びは

    ゞ飢覆房われない、ありとあらゆるものが学べる

    興味の赴くままに(必要に迫られ)いつでも学べる

    自分のペースで学べる

    い燭世掘⊆分の責任で

    が基本にあります。

     

    ■任せれば安泰?■

     

    要は、実社会に出てから

    我々大人が学んで来たこと、していることを

    子どもの頃からやってもらおうということです。

     

    「そんなことができるの?」

    「やっぱり導いてあげないと…」

     

    といった質問や疑問を受けますが

     

    答えは

    「出来る子は出来ます」

     

    つっけんどうな答えですが

    いわゆる「学校」に行っていても同じです。

     

    ほとんど全てを用意して、導いてくれたら

    安泰(この場合は学力や、将来)なのでしょうか?

     

    むしろ、全部用意して

    導こうと必死に努力している教員がいるからこそ

    出来なかった時の言い訳として利用してはないでしょうか?

    ※私はかつて、英語が出来ないのを教師の責任にしてました。

     

    もちろん、やる側にも責任があるのは

    言わずもがなですけどね。

     

    ■負けて学ぶ■

     

    大事なのは、やるかやらないか

    成功はもちろん

    失敗や、挫折も

    学べるものは、いくらでもあります。

     

    そういう意味での

    「出来る子は出来る」

    です。

     

    なので、今日も私は

    スマブラで、子どもに負けまくるのでした。

    ※写真は、違う子同士の対戦です。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    111歩目「時の流れ」

  • 2017.11.30 Thursday

  • あっという間に2017年も暮れてきました。

    1年は早いものですね。

    子どもの頃は、もっと長く感じたものですが

    年々早く去っていく感じます。。。

     

    ■時間は不変ではない■

     

    冒頭の感じ方

    実は「ジャネーの法則」と言います。

     

    さらに時間は不変ではなく

    地球の自転から見る1日の時間も、どんどん長くなっています。

     

    さらにさらに皆平等でもありません。

    (こちらはアインシュタインの「特殊相対性理論」を興味があればどうぞ)

     

    ■相対的に■

     

    西宮サドベリースクールの説明をしていて

    「お昼ご飯の時間が決まってない」

    というのに驚かれる方が、ままいます。

     

    人にはそれぞれ時間感覚があるものですが

    ついつい自分の時間感覚だけで

    「早く食べて」や「遅い」

    逆に「早食いしすぎ」と言ってしまいがちです。

     

    時間に限らず

    自分と他者を

    必要以上に相対的に判断してしまっているということは
    あるんじゃないかと思います。

    (かく言う私自身もです)

     

    勿論、合わせた方が良い場面や

    相対的な判断をする場面は

    世の中には多く存在します。

     

    人のタイミングを慮ったり忖度することも

    個人主義を貫き通すことも

    どちらも、ケースバイケースでバランスが大事だと考えています。

     

    ■87,600■

     

    ご飯に関しては

    もうちょっと

    家族団欒や片付けや

    それぞれのお腹の減り具合と、食べるスピードと

    そのバランスを見ても良いと思います。

     

    遅いのが嫌なら

    「自分のものは洗ってね」

    なんて条件を、話し合って決めてもいいかもしれません。

     

    だって、人生80年1日3食で

    87,600食

     

    私は残り約半分

     

    「いただきます」から

    「ごちそうさま」後の談笑含めて

    ゆっくりしたい派です。

    ※食べ終わるのは、早いです。

     

    ↑自分の時間感覚で過ごしている様子

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    106歩目「資質」

  • 2017.09.21 Thursday

  • 西宮サドベリーの2017年度も

    半期を迎えます。

     

    この時期になると考えるのが

    来年度をどうするか

     

    家庭を持つ者として

    給与面、1年契約

    といった部分での悩みもありますが

     

    1番は「資質」の部分

     

    持って生まれたものか、磨く者なのかは知りませんが

    どんな職でも「資質」は必要だと考えてます。

     

    ではサドベリーで必要な「資質」とは?

    自分に「資質」があるのか?

     

    会社勤めの時も、教師時代も

    同じように考えてきたくせに、実はわかりません。

     

    子どもたちに関わる、教育の世界なので

    「子どもに好かれる」というのは必要なのかなー?

    程度のです。

     

    ということで

    このブログを見てくれてる方は、そんなに多くはないですが

    千里の道も一歩から!

     

    西宮サドベリースクールでは

    スタッフ候補者を毎年募集しています。

     

    興味のある方、是非!

     

     

     

     ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    103歩目「言い訳?」

  • 2017.08.31 Thursday

  • 個人的に

    「向上心」と「ないものねだり」は表裏一体と思っています。

     

    前者は「前向き」

    後者は「後ろ向き」

    といった、感じです。

     

    教師時代であれば

    教科としての壁(例えば、歴史は本物を見れない)や、

    規則の壁など

     

    サドベリーであれば

    子どもに頼まれても、出来ないこと

    仕事内容で、能力的や人脈的な壁など

     

    もちろん、出来ないことや知らないことに対する向上心や好奇心は

    常忘れないようにしていますが

     

    やっぱりそこはそれ

    一朝一夕にいかないですし

    山ほどの失敗をして

    時に「あーーー!!」っとなります。

     

    「あーーー!!」っと「後ろ向き」になると

    どこか別どころ(環境や時間など)に、ある種の責任転嫁しちゃう場合もあります。

     

    なので、私は

    「自分は万能選手ではない」

    「今できることを出来るだけ」

    を心掛けてはいるのですが

     

    これって、ただの言い訳なんじゃないかと

    いつもドキドキ…

     

    自信がないだけなのかと

    いつもオロオロ…

     

    メタ認知もまだまだままならない

    30数歳の晩夏なひと時でした。

    ※写真は文章と全く関係ありません

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    97歩目「戦略と戦術」

  • 2017.07.07 Friday

  • 簡単に言うと

    「戦略」は長期的な見通しや、目標達成のおおまかなシナリオ

    「戦術」は具体的な手段や、より実践的な計画

     

    実生活では出来ないほうですが

    歴史小説系やマンガはもちろん

    シミュレーションゲームも好きです。

     

    「軍師」諸葛孔明や「王佐の才」荀なんかにあこがれたものです。

     

    そして今

    スクールでは「カタン」というゲームが再流行しています。

     

    このゲーム

    戦略・戦術を駆使するものなので

    長年培ってきたものをここぞと発揮!

    と意気込んで挑戦

     

    結果は

    「現実は小説よりも奇なり」

     

    いつの日か

    「我、子房」

    なんて言われてみたものです。。。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    96歩目「念願」

  • 2017.06.30 Friday

  • かねてより念願だったことが

    西宮サドベリースクールの生徒のお陰で

    この度叶えることができました。

     

    それがこちら

    ニンテンドークラシックミニ!

     

    往年のファミコンソフトが30本入っているこの機械

    映像も、操作性も

    少年時代に幾度もなく絶望の淵へと落とされた難易度もそのまま

     

    現代の子どもたちの

    「難しすぎ!」との声と共に

    あーだ、こーだ!

    と外野も交えて言い合いながら、テレビを囲むのも

    当時のままの風景

     

    時代が変わり、環境が変わっても

    変わらない良さというものもあるものです。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    95歩目「居心地2」

  • 2017.06.22 Thursday

  • 新入生や転校生

    最初に「自己紹介」の場なんかが設けられたりします。

     

    それ自体は特段良い悪いは、個人的にありません。

    (ちなみに、西宮サドベリーではありません)

     

    しかし、居場所を自分で見つけれなかったり

    居場所だったところからはじき出された場合

     

    これでもか

    というくらいの手厚い保護をしてみたり、求めてみたりします。

     

    これには違和感があります。

     

    もちろん、手を差し伸べられたら嬉しいですし

    人として差し伸べたりもしますが

     

    それが過多になったり

    本人が求めてる以上(求めてない場合)となった時には

    もはやただの自己満足といっても過言ではないと思います。

     

    子どもは、大人が思っている以上に

    自分たちの道を自分で歩んでいけますし

    そういう場にすれば、どんどん力を蓄えていきます。

     

    「いらぬ親切、余計なお世話」ってことですね。

    バランスが難しいですが

     

    ちなみに、膝上以外には

    私の肩も、居心地がいいそうです。

     
     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    94歩目「居心地」

  • 2017.06.15 Thursday

  • 西宮サドベリースクールでは

    決まった教室も席もないので

    自分の居場所(文字通りの)は自分で見つける必要があります。

     

    子どもたちは

    初めは、ウロウロと腰が据わらずが多いですが

    そのうちに、色々と自分の居場所を見つけていきます。

     

    そういうところから自分で意思決定していく場なのです。

     

    そしてなぜか、私の膝の上を居場所としている子が何人かいます。

     

    曰く「座り心地が良い」だそうな

     

    毎日ではないのですし

    全然構わないのですが

    日が経ち、大きくなってくると

    結構痺れます。

     

    筋トレして

    硬いイスにでもなろうかなと

    ふと思う今日この頃でした。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    93歩目「急がば回れ」

  • 2017.06.08 Thursday

  • 何事でも

    1にも2にも、繰り返すこと

    これが上達への一番の近道でしょう。

     

    私自身、絵が好きなので

    絵が好きな生徒が、時々聞いて来ます。

     

    とはいえ

     

    とっくの昔に

    私より上手なんですけどね。

     

    それもこれも

    繰り返し描いているからこそ

     

    やり方や、能動的か受動的かなんかの方法論や

    センスなんかは別問題


    やればやるほど上達する

     

    ただそれだけの話です。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR