110歩目「サドベリーは教育か?その4」

  • 2017.11.17 Friday

  • 「サドベリーは教育じゃない」
    という言葉を受け
    4回にわたって書いてきた
    ダレトクな話しも、今回で〆です。

     

     

     

     

    ■主語の大きさ■

     

     

    同じ話をしているにも関わらず
    いつまでたっても、
    話しが平行線なんてことがあります。

     

     

    私もよくしてしまうのですが
    後で「なぜそうなった」と考えてみると

     

    話している物事に対しての
    「主語」の大きさが違う
    なんてことがよくあります。

     

     

     

    例えば
    「関西人って、必ず話しでオチつくるよね」
    「そうそう!関西人はオチの無い話すると怒るよね」
    なんて会話をしたとします。

     

    一見すると普通の会話ですが
    「関西」と「大阪」では、指す範囲が違うので
    微妙にニュアンスが変わってきます。

     

     

     

    これだと
    京都からは
    「大阪と一緒にせんとってくれはりますか」とか
    神戸からは
    「何言っとん?そんなん武庫川より東の話でしょ」とか
    聞こえてきそうです(あくまで想像)

     

     

    「どこの」「誰の」「いつの」「なにが」といったことを合わせないと
    「ネパール人」がやっている「インド料理店」の「ナンとキーマカレーのセット タンドリーチキン付き」
    のように、インド人もビックリな、なんのこっちゃわかないことになったり
    いらぬ誤解や間違い、時には諍いを引き起こすこともあります。

     

     

    ■4回も書いてて、それかい!■

     

     

    前回
    「明治以降の日本の公教育は、アメリカなどに影響を受けた」
    「今までの狭義の教育から、広義の教育に転換した」
    ということは「公教育とサドベリーは一緒」としました。

     

     

    しかし、現実は違う

     

     

    思えば当前で
    「広義」だと、主語が大きすぎて
    公教育も、サドベリーも含まれて当たり前なのです。

     

     

    そして、見比べる対象(時代背景など)が違う

     

    しかも、江戸時代には、誰でも受けれる「公教育」はないので
    ここも、比較対象が少しズレている。

     

     

     

    さらに、サドベリーはボストンが発祥ですが
    アメリカは州によって公教育の内容も違うので
    冒頭の言葉を言ってくれた外国の方は、どこの出身で
    どこで教鞭をとっておられるのか
    など、情報のすり合わせが出来ていません。

     

     

    結局結論としては
    サドベリーは、広義で教育に含まれる
    けれども、主語を変えていくと
    教育でなくなる場合もある
    です。

     

     

    4回も書いてきて、結果それかい!

     

     

    ■最後に■

     

     

    私の持論で
    「教育は、究極の投機で、結果は、人生の終えんで、初めてわかる」
    と思っています。

     


    そして
    「否定からスタートして、否定することがその存在の拠り所なら、否定に否定されて終わる」
    と思っています。

     

     

     

    実は冒頭の言葉をくれた外国の方は
    「それぞれの教育には、それぞれ良いところがある
     悪い所を否定するのではなく
     良いとこどりできたなら、より良いものができると考えてます」
    と言っていました。

     

     

    もっと話をお聞きしたかったなぁ・・・

     

     

    サドベリーは、教育の完成形で
    何よりも優れているとは思っていません。

     

     

    職業柄、教育に関することに触れる機会は多くありますが
    出来る限り主語の大きさを合わせ、背景を知って論じたり
    情報の更新ができるかが、常に私の課題です。

     

     


    109歩目「サドベリーは教育?その3」

  • 2017.11.09 Thursday

  • 少し間が空いてしまいましたが

    前回の「その1」「その2」からの続きで

    「教育」の語源から、サドベリーについて考えてみます。

     

    ■そもそもの意味(原義)■

     

    「教育」という言葉の初出例は

    『日本大百科全書』によると

    『孟子』の「天下の英才を得て、これを教育する」という一節とのこと

     

    原義としては

    「「教」は「學」(ならう)と「支」(軽くたたいて注意をあたえる)との合字で、

     「上から施されたことを下からならう」」

    「「育」の方は、「月」(肉月)と「子」の転倒した姿からできていて、

     出産場面を象徴しているともいわれ、「養う」」(『日本大百科全書』より)

    とのこと

     

    日本でも

    かなり昔から輸入され、言葉自体はあるものの

    実際に使われ(書かれ)始めたのは、江戸時代以降

     

    ただ、「上から施されたことを下からならう」というニュアンスは同じでも

    「おしえる」「そだてる」「やしなう」「しつける」「おそわる」「ならう」などといった和語が一般的で

    漢語でも「教化」の方が多く使用されたそうです。

     

    「教育」という言葉が、広い意味も含め定着していくのは、明治以降

    欧米文化が広く浸透し

    「education」の翻訳として広まっていきます。

     

    ■英語の語源は思い込み■

     

    では、英語の「education」の語源はというと

    諸説があって不明

     

    一説では

    「ラテン語のエドゥカーレeducareに起源がある(略)

     educareは、「外へ」という意味をもつ接頭語e-と、「引く」という意味をもつ動詞ducareとの合成語で、

     「(子供の内側にある)能力を外に引き出す」という意味をもつと解釈されてきた。

     ドイツ語でも、同様にラテン語educareの趣旨を取り入れて(略)造られている。(『日本大百科事典』より)

    とされてはいるものの

     

    「「教育とは、語源的には詰め込むことではなく、引き出すことである」という解釈は、

     なかば思い入れが込められた「改釈」で、それがいつのまにか通説として流通するようになった、

     というのが真実であるように思われる。」

    と、『日本大百科事典』では綴っています。

     

    とはいえ「能力を外に引き出す」という説は

    昔から欧米に浸透しているものであるのは、間違いないようです。

     

    ■公教育とサドベリーは同じ!?■

     

    「上から施されたことを下からならう」が、当たり前だった日本人にとって

    「能力を引き出す」というニュアンスは

    カルチャーショックだったのは想像に難くなく

     

    追いつけ追い越せの風潮の中

    クラーク博士やモース博士のような「お雇い外国人教師」が多くいたり

    公教育を、アメリカ、ドイツ、イギリスに倣って作り上げた(特に「問答法」)のは周知の事実で

    そもそも、明治以降日本の教育は「広義」での「教育」ということです。

     

    あれ?

    ということは、前回言っていた

    公教育は狭義の意味での教育、という考えは間違いで

    公教育も広義の意味なんだから、

    サドベリーと相反するものではなく、むしろ一緒

    ということになります。

     

    言葉上は一緒でも

    実際が違う

    ということになっちゃいます。


    それでいいのか!?

    の話は、もう1週引っ張って

    次週します。

     

    小見出し的には

    ■主語の大きさ■

    です。

     

    ご期待…しないで、お待ちください。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    108歩目「サドベリーは教育?その2」

  • 2017.10.12 Thursday

  • 前回からの続きで

    「サドベリーは教育ではない」

    という言葉からの、勝手気ままな考察です。

     

    ■狭義と広義■

     

    そもそも「教育」とはどういう意味なのか

    辞書によると

     

    「教え育てること。知識,技術などを教え授けること。

     人を導いて善良な人間とすること。

     人間に内在する素質,能力を発展させ,これを助長する作用。

     人間を望ましい姿に変化させ,価値を実現させる活動。ー」

    『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』

     

    ある人間を望ましい姿に変化させるために、身心両面にわたって、

       意図的、計画的に働きかけること。知識の啓発、技能の教授、人間性の涵養(かんよう)などを図り、

       その人のもつ能力を伸ばそうと試みること。」

    『デジタル大辞泉』より

     

    と、なっています。

    他の辞書でもだいたい同じ

     

    ということは、言葉的に

    サドベリーは「教育ではない」ということになります。

     

    ただし、これは「狭義の教育」

     

    『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』では

    「−以上のように教育という語は多義に使用されるが,

     陶冶,教化,育成,形成などと同義にも用いられ,またそれらを総括する語として広義にも用いられる。−」

     

    「ー広義には、人間形成に作用するすべての精神的影響をいう。ー」

    『大辞林 第三版』より

     

    「人間は(中略)意図的,無意図的なさまざまな刺激とその影響を受けて,成長し発達する存在である。

     教育とは,広義ではこれらの人間形成全体を指すが,

     狭義では一定の目的ないし志向のもとに,対象に対する意図的な働きかけを指す。ー」

    『世界大百科事典 第2版』より

     

    となっています。

     

    サドベリーも、十二分に「教育」の範疇です。

     

    前回同様分類してみると

     

    ・狭義の教育

     公教育、シュタイナー、モンテッソーリ など

     

    ・広義の教育

     サドベリー など

     

    こうなると「サドベリーは教育ではない」という言葉は

    「間違っている!」「狭義の意味しか見てない!それこそ視野が狭い!」

    となりそうですが

     

    それでは、互いに相容れず

    なんの発展も解決もない「はい論破」的なものになっちゃうので

    次回ももう少し、

    言葉から「教育」を考察したいと思います。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/

     


    107歩目「サドベリーは教育?」

  • 2017.09.29 Friday

  • 「サドベリーは教育じゃないですね」

    かつて見学に来てくれた親御さん(海外の方)がこう感想を頂きました。

    ここ半年くらい、事ある度にこの言葉が頭の中で再生されています。

     

    サドベリーを教育とするからには

    やはり「教育」についての考察は、避けて通れないことです。

     

    ということで、今回からしばらく考察をしてみようと思ったわけですが

    そもそも教育には大きく分けて、2つの考え方があります。

     

    1つは

    始めは誰もかれも、何も知らないのだから

    どんどん教えていく方が良い

     

    もう1つは

    人間本来が持っている力を

    いい形で引き出す

     

    この2つ、

    古今東西どっちがいいかと論じられてきているのですが

    歴史面に関しては

    不勉強乱筆ながら以前にも書かせてもらったことがあるので(78歩目「冒険者3」)

    今回は割愛です。

     

     

    さて、始めに「大きくわけて」と書きましたが

    2つのうちどっちかだけというのは稀です。

     

    これは大前提としてザックリ分けてみると

     

    1つ目の考え方は

    多くの国で実践されている公教育

     

    2つ目の考え方は

    シュタイナーやモンテッソーリなどに当てはまり

    サドベリーもこちら側。

     

    この分類

    1つ目がメジャー

    2つ目がマイナー

    というのが、忌憚のない率直な感想

     

    さらにオブラートに包まず言えば

     

    サドベリーは

    2つ目の「引き出す」という言葉からも外れているので

    マイナーの中のさらに亜流

     

    冒頭の感想にも納得です。

     

    さて、

    果たして

    サドベリーは教育なのか

    そうじゃないのか

     

    次回も考えていきたいと思います。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    104歩目「正体不明」

  • 2017.09.07 Thursday

  • ナショナルジオグラフィック(ナショジオ)のWEB版記事に

    「謎の「高速電波バーストの嵐」が発生、正体不明」

    という記事がありました。

     

    内容を簡単に言うと

    宇宙から時々やってくる「高速電波バースト」という正体不明の現象を

    久々に観測した。

    色々と仮説は立ててるけれど、やっぱり正体不明

    という内容です。

    (詳しくはナショジオのHPで)

     

    記事の中の研究者の言葉に

    「(略)これはまだまるで根拠のない無謀な推測に過ぎませんが、

     正解でないと決まったわけでもありません」

    「今回の高速電波バーストの発生源に地球外生命体が関わっている可能性は低いという意見が大勢

    (略)この可能性を最初から排除することは、科学者としては怠慢でしょう」

    というのがありました。

     

    これ、なにも科学だけのことではなく

    全てに当てはまる真理の1つではないでしょうか?

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    102歩目「旅行」

  • 2017.08.24 Thursday

  • 我が家は、両親ともに旅行好きで

    「本やテレビも良いけど、本物を感じろ」

    をモットーに、小さい頃(お腹の中から)あちこち連れて行ってもらいました。

     

    そして気が付かない間に、

    いろんな意味で血肉となっているようで

    プチからがっつりまで、旅行は大好きです。

     

    そして旅行と言えばお土産

    ご当地ものの定番から、シリーズ物

    名前や絵柄だけ変えたチョコや、クッキーなどなど

    時には、全然関係ないものまで

     

    行ったことない場所を味覚で感じる楽しさも好きです。

     

    短めな夏休みが明け

    賑わいを取り戻したスクールでも

    お土産が賑わっております。

     

    淡路島土産なのに、鰹もあったりと(写真には載ってませんが)

    中々楽しいスタートとなりました。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    101歩目「結果論」

  • 2017.08.03 Thursday

  • 予告した通り

    何かまじめなのを1本と意気込みつつ

    書いていいのかと逡巡しつつ

    書くことに決定!

     

    何かというと

    私自身の教育観的なこと

     

    結論から言えば

    教育は「結果論」でしかないということ

     

    古今東西

    滅びた文明も少なくないですが

    完全に他と断絶したものは、限りなくゼロに近く

    何かしらのつながりを持って今に至っています。

     

    世界はあたかも、

    幾ばくかの天才や偉人、英雄と呼ばれる人たちによって

    成り立ってきたと勘違いすることもありますが

    そうではありません。

     

    誰かがフグを釣って食べ、

    誰かが失敗し

    誰かが内蔵の毒というものに気付き

    誰かが調理方法を開発してきたのです。

     

    当たり前のことですが

    フグを見たことない、食べたことない人も数限りなくいます。

     

    そんな名もない数多の人たちがいたからこその、この世界

     

    その中で

    数多の教育が提唱、実践され

    数多の人たちによって

    この世界(人間社会)は成り立っています。

     

    そうである限り

    サドベリーも公教育も私塾も家庭教育も

    全て、大きな枠組みの中での1つでしかありえません。

     

    モンテッソーリ教育は

    受けたからといって、全員が天才棋士にはなれません。

     

    東大に兄弟3人が通ったのは結果論です。

     

    私が書くまでもなく

    当たり前のことなはずです。

     

    しかし

    「成功」という名の「結果」は

    「成功」に至る「過程(教育)」にしか目がいかず

    「成功」=「いい教育」という認識に陥り

     

    「失敗」という名の「結果」への拒絶に近い反応

    その「結果」からたどる「過程」に対しての先入観的な嫌悪感

    そして「否定」

     

    この二極分化になってしまわないようにしたい。

     

    教育は「結果論」でしかなく

    しかもその結果が出るまでのスパンが、人生単位と長く

    だからこそ、幾多の教育が生まれ

    多種多様な文化、文明、個人を創り出してきたはず。

     

    もし「これが最善!」

    というものが見つかった時は

    私は、きれいさっぱりこの業界を去ります。

     

    そして多分、

    この世界に面白みを感じなくなるでしょう。

     

    というのが、私の教育観的なものです。

     

    うーん、、、

    明朗快活の真逆な文章

    とりあえず、今の表現力の限界です。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    100歩目「継続は力なり」

  • 2017.07.27 Thursday

  • 筆不精な私が

    よくも100回も書いたものだと

    我ながら感心してます。

     

    書き始めれば

    「はにをて」にこだわってみたり

    異口同音で、言い回で悩んだり

    存外楽しくやらせてもらってますが

     

    読んでいただいてる方にどうかと言えば

    稚拙にて意味不明

    内容は、ほぼないようなものばかり

     

    これはあきませんな・・・

     

    せめて「クスリ」と笑えるような文章をと思いつつ

    打率は1割あるかないか

    イチローの凄さが身に染みてます。


    101回目たる次回こそは

    武○哲也よろしく、

    トラックに轢かれるくらいの覚悟で、気合い入れて書いてみます。

     

    ネタが古いな・・・

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    99歩目「意外に」

  • 2017.07.20 Thursday

  • 先日、月1で開催させて頂いている

    スクール説明会に、現在スクールに通っている子どもの保護者さんが参加してくれました。

     

    その方が説明会後

    「のぶさんの違う一面を見た。意外だった」

    とぽつり

     

    そのココロは

    「スクールの子どもたちに接している時は、対等な感じだけど

     説明会の時は子どもにも気を配ったりしながら話を進めてて

     元先生って感じがした」

    といった感じでした。

    当の本人はというと、

    全然そんなことは意識しておらず

    (説明内容をわかってもらおうという意識ではいますが)

    「え?そうでした?」

    と、言われた本人が一番意外に感じてます。

     

    そういえば

    見学者の方にも、取材の方にも

    「今までの学校との違いはどうですか?」

    といった内容を聞かれることがあるのですが

    「違いはあまり感じてなくて…」

    と、期待してるであろう答えを出せないのが申し訳なく思いつつ

    答えています。

     

    実際、初めてスクールに来た時から現在まで

    違いに戸惑ったり、目から鱗となったことがなく

    逆に「違いを感じないのはズレてる?」

    と考えたこともあります。

     

    システムや教育論、理念、方法は確かに違うのですが

    来ている子どもには(大きな意味で)違いはないし

    我々スタッフも、保護者の方にも、

    お世話になった諸先生方や保護者の方と

    特段違いがあるわけでもなく…

     

    おそらく、私の視点が違っている

    というのが1つの解であるので

    見れる視点をもっと増やさなきゃ

    と、子どもたちとワイワイ楽しく過ごしながら思う

    今日この頃でした。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  

     

     


    98歩目「試練」

  • 2017.07.14 Friday

  • ここ2カ月ほどで

    何度かインタビューを受けるという機会を得ました。

     

    インタビュー自体は人生初、ではないのですが

    緊張しいには、1つの試練

     

    そして今回も、やっぱりしどろもどろ・・・

    ちゃんと話せてたかどうか甚だ怪しいもんです。

     

    幸い、インタビューワーが素晴らしい人たちだったので

    ぎりぎり試練はクリアできたのではないかと…

    インタビューワーに感謝しつつ自分に甘く採点中です。

     

    恥ずかしいやら怖いやら

    出来上がりの記事は、読むか読まないか逡巡中です。

    ※写真は私ではありません。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/  


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR