<< 119歩目「壁」 | main | 121歩目「継続は力なり」 >>

120歩目「厳しくも優しい」

  • 2018.02.15 Thursday

  • 人に何かを伝えるということは

    素晴らしいことです。

     

    西宮サドベリースクールでは

    ミーティングという場で

    ルールや、備品購入、学費やスタッフなど

    様々なことを決めることができます。

     

    そして、ミーティングは

    自分の意見を、スクールの公式として

    伝えることができる場です。

     

    逆に、伝えきれない場合などは

    自分の議案が通らないということもあります。

     

    ■手助けはしない■

     

    ということは

    弁が立つ人の意見は通りやすいということにもなります。

     

    さらにサドベリーでは

    老若男女に関わらず

    意見も立場も平等なので

     

    たどたどしい子や

    初めてで、緊張しきっている子であっても

    手助けは望めません。

     

    えー?

    それってダメじゃない??

     

    となりますが

    見方を変えれば、ダメではなくなります。

     

    ■世の中というもの■

     

    西宮サドベリーでの学べる大きなものが

    「社会で必要なスキル」

    要は「生きていく力」です。

     

    手助けが望めないのは

    一見最悪に見えますが

     

    「手助けを求めてはダメ」ではないのです。

     

    いつでも誰かが手助けをしてくれるのを望むのではなく

    自ら誰かに助けを求めればいいだけ

     

    世の中には

    何も言わずに助けてくれる人

    言っても助けてくれない人もいっぱいいます。

     

    厳しくも優しい

    それが世の中

     

    西宮サドベリーでは、その世の中に

    できるだけ近づけているだけのことなのです。

    写真:スノボに行くプロジェクトを、話し合っている様子

       残念ながら通らずでした。。。

       個人的な情だと、行かせてやりたいんですけどね。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/    


    スポンサーサイト

  • 2018.05.17 Thursday


  • Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR