<< 77歩目「冒険者2」 | main | 79歩目「冒険者4」 >>

78歩目「冒険者3」

  • 2017.02.03 Friday

  • 前々回から、書いているこの駄文

    今回で〆たいと思ってますが

    どうなることやら・・・

     

    さて、義務教育の歴史が〜と書いておきながら

    義務教育や、カリキュラムの変遷を紐解くとなると

    日本だけでも本一冊では足りないので、さすがに断念。

    でもざっくりとでも、書きたいので書きます。

     

    先史時代から中世に至り、社会が複雑化していく中で

    ・全員が学ぶ、生きていくのに最低限必要な知識(集団としての規範も含む)

    ・職業別に必要な知識

    ・統治者側の必須教養として、歴史、地理、政治経済(軍事含む)

    といった具合に、わかれていくのですが

    要はそれぞれが、それぞれの小さな世界で生きていくためのものを学ぶにとどまっていました。

     

    読み書き、そろばんに至っては、特殊技能として区分され

    高官として重宝される時代、国が圧倒的多数です。

     

    余談ですが、

    明智光秀は、「京言葉」を読み書きし、話し、

    「尾張弁」もいけるので、重用されたという話があります。

     

    さて

    よく取りざたされる「江戸(時代区分的には近世)の寺子屋」

    統計の取り方次第なので、ざっくり書くと

    日本全体(北海道、沖縄は除外)での識字率は20%前後

    男女別だと、男40%〜50% 女10%前後

    いわゆる士農工商別に考えると

    武士の割合、扱える文字数は多く

    商人は、割合が高いとはいえ、扱える文字はそこそこ

    農家(名主や庄屋は別)の割合はもっと低くなり、扱える文字はわずか

    地方別にみると、また別の結果が見えてきて面白いのですが、割愛。

     

    教える内容は、地域ごと、寺子屋ごとにばらばらなので一概には言えませんが

    ・読み書きそろばん ・地理歴史 ・儒学(朱子学)がメインで

    「寺子屋」の名前通り

    ・廊下の雑巾がけなどの各種掃除

    ・修行

    ・集団行動での行動規範

    も、多くで行われていたようです。

    ※ちなみに、寺子屋に通っていた子どもは、そのほとんどが次男以下

     寺子屋が増えたのは、江戸後期から明治初頭

     毒を少しだけ吐くと、集団での掃除や整然とした行列が「軍隊からの〜」というのは、

     半分正解、半分不正解です。

     集団登下校は、寺子屋でも多くが行ってましたし 歩き方も身分や場所によって決められていました。

     一人称も決まってましたしね。 

     

    当時の欧米諸国に比べ識字率が「高い」とされるのは

    他の国々がもっと「低い」ということ

    近世、近代に入っても「学校」は、まだまだ一部の人だけだったということです。

     

    とはいえ、近世、近代になって学校が増え通う人が多くなったのは事実

     

    何がその転換期となったのか

    それは「近代」を「近代」と呼ぶ所以の1つ

    「革命」それに続く「民主主義」「資本主義」および「社会主義」が誕生したこと

    それの意味するところは、「統治」と「戦争」が特殊技能ではなくなったということ。

    これが大きいと思います。

     

    日本で言えば

    いくら「寺子屋で識字率が〜」とはいえ、

    当時、九州と東京では言葉が通じないのが常識

    文字も、今でも異字体の「国」「邦」「圀」「國」が残っているように、てんでバラバラ

    規範や常識、歴史観も「お雑煮」よろしくバラバラ

    物の企画も価値も違うので、共通の部品も作れない

    何もかもがバラバラなのに

    民主主義だ、国だ、戦争だ

    といくら言っても、文字通りお話にもなりません。

     

    それは、日本以外でも同じ

    そうなると必然

    「言語の統一」「歴史の一本化」「技術の統一」

    といったことが必要不可欠になっていきます。

    ※残念ながら、女性は除外

     

    そして、必然

    長くなると…

    私の中ではもう少しでゴールなのですが…

     

    こんな文章でも読んでくれている人達に申し訳なく思いつつ

    次回で必ず終わらせます!

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    スポンサーサイト

  • 2017.04.20 Thursday


  • Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR