<< 80歩目「選択する」 | main | 82歩目「批評のすゝめ」 >>

81歩目「発想力」

  • 2017.02.23 Thursday

  • 私事ですが

    映画が好きです。

     

    何がと問われれば

    脚本、セリフ回し、カメラワーク、編集、サントラ

    色々とありますが

    俳優の演技も、その1つです。

     

    実写の映画であれば生身の人間なので、

    その人が持つ演技の引き出しや、声のトーン、細かい仕草、

    はたまた演出家の意思などで表現すればいいのですが

    CGとなれば

    ゼロから作り上げていく必要があります。

     

    しかも面白いのが

    余りにも本物の人間のような動きにすると

    「不気味の谷」と呼ばれるものに陥ってしまうこと。

    かといって省略し過ぎると

    面白みに欠け、チープになるので

    いい塩梅での動きや見せ方、作りこみが大事となります。

     

    ところがアニメ系のCGだと

    不気味の谷も超えやすく

    少々の省略(逆に作りこみすぎると、主体がぼやけてしまう)

    デフォルメやオーバーな動きでも、全然受け入れられます。

     

    なるほど、だからフルCGものの映画は

    今でもアニメ系のものがほとんどで

    実写に近づけようとしちゃうフルCGものは、あまり流行らないのかな

    (単純に脚本などの甘さもあるでしょうけど)

    実写で使用するCGが、

    今でもなるべく古典的な方法や実物を織り交ぜたりするのに落ち着いて

    ちゃんと棲み分けが出来ているということなのかな

    (数年前に、CGが今以上の技術を得て多用されるようになると、

     俳優やスタントマンは廃業となるという話がありました)

    などと考えつつ

    子どもたちが『ペンギンズ』を観ていたので

    ちらっと一緒に鑑賞

     

    単純に、面白かったです!

     

    この発想力に脱帽出来るのも

    映画が好きな理由の1つです。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    スポンサーサイト

  • 2017.04.20 Thursday


  • Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR