112歩目「負けて学ぶ」

  • 2017.12.07 Thursday

  • サドベリーでの学びは

    ゞ飢覆房われない、ありとあらゆるものが学べる

    興味の赴くままに(必要に迫られ)いつでも学べる

    自分のペースで学べる

    い燭世掘⊆分の責任で

    が基本にあります。

     

    ■任せれば安泰?■

     

    要は、実社会に出てから

    我々大人が学んで来たこと、していることを

    子どもの頃からやってもらおうということです。

     

    「そんなことができるの?」

    「やっぱり導いてあげないと…」

     

    といった質問や疑問を受けますが

     

    答えは

    「出来る子は出来ます」

     

    つっけんどうな答えですが

    いわゆる「学校」に行っていても同じです。

     

    ほとんど全てを用意して、導いてくれたら

    安泰(この場合は学力や、将来)なのでしょうか?

     

    むしろ、全部用意して

    導こうと必死に努力している教員がいるからこそ

    出来なかった時の言い訳として利用してはないでしょうか?

    ※私はかつて、英語が出来ないのを教師の責任にしてました。

     

    もちろん、やる側にも責任があるのは

    言わずもがなですけどね。

     

    ■負けて学ぶ■

     

    大事なのは、やるかやらないか

    成功はもちろん

    失敗や、挫折も

    学べるものは、いくらでもあります。

     

    そういう意味での

    「出来る子は出来る」

    です。

     

    なので、今日も私は

    スマブラで、子どもに負けまくるのでした。

    ※写真は、違う子同士の対戦です。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    111歩目「時の流れ」

  • 2017.11.30 Thursday

  • あっという間に2017年も暮れてきました。

    1年は早いものですね。

    子どもの頃は、もっと長く感じたものですが

    年々早く去っていく感じます。。。

     

    ■時間は不変ではない■

     

    冒頭の感じ方

    実は「ジャネーの法則」と言います。

     

    さらに時間は不変ではなく

    地球の自転から見る1日の時間も、どんどん長くなっています。

     

    さらにさらに皆平等でもありません。

    (こちらはアインシュタインの「特殊相対性理論」を興味があればどうぞ)

     

    ■相対的に■

     

    西宮サドベリースクールの説明をしていて

    「お昼ご飯の時間が決まってない」

    というのに驚かれる方が、ままいます。

     

    人にはそれぞれ時間感覚があるものですが

    ついつい自分の時間感覚だけで

    「早く食べて」や「遅い」

    逆に「早食いしすぎ」と言ってしまいがちです。

     

    時間に限らず

    自分と他者を

    必要以上に相対的に判断してしまっているということは
    あるんじゃないかと思います。

    (かく言う私自身もです)

     

    勿論、合わせた方が良い場面や

    相対的な判断をする場面は

    世の中には多く存在します。

     

    人のタイミングを慮ったり忖度することも

    個人主義を貫き通すことも

    どちらも、ケースバイケースでバランスが大事だと考えています。

     

    ■87,600■

     

    ご飯に関しては

    もうちょっと

    家族団欒や片付けや

    それぞれのお腹の減り具合と、食べるスピードと

    そのバランスを見ても良いと思います。

     

    遅いのが嫌なら

    「自分のものは洗ってね」

    なんて条件を、話し合って決めてもいいかもしれません。

     

    だって、人生80年1日3食で

    87,600食

     

    私は残り約半分

     

    「いただきます」から

    「ごちそうさま」後の談笑含めて

    ゆっくりしたい派です。

    ※食べ終わるのは、早いです。

     

    ↑自分の時間感覚で過ごしている様子

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR