133歩目「ストレス」

  • 2018.06.08 Friday

  • 先日、とある番組で

    「マウスによるストレス実験」が紹介されていました。

     

    実験内容は

    ,匹舛蕕が餌に通じる、二股の分かれ道を用意

    ∪飢鬚榔促殴奪函間違いは電気が流れる

    というもの

     

    A組は、1回成功したら以降は電流ナシ

    B組は、成否に関係なく8回繰り返す

    C組は、どちらの道を選んでも電流が流れる

     

    ■実験結果は■

     

    この実験で、

    マウスはストレスを感じ

    胃潰瘍ができたそう

     

    そして大事なのは

    各組の結果内容

     

    A組は胃潰瘍は出来ず

    B組とC組は

    個別に多少の誤差はあれど

    結果的に胃潰瘍の数などに、大きな差異は見られなかったらしいです。

     

    マウスにとっては

    成否は関係なく

    「同じ実験内容に対して」8回は過度なストレスであり

    8回以上は、同じ度合いのストレスであり続けるということ

     

    人間も同じ哺乳類

    見かけや大きさは違えど

    構造的にはマウスと大きな差異はありません。

     

    ということは

    人間も、8回以上は度合いとしては同じストレスで

    自信喪失したり、胃潰瘍になったりするということなのかもしれません。

     

    ■ストレスフリーはどうか■

     

    翻って

    1回もストレスなく過ごしたらばどうなのか

     

    恐らく胃潰瘍は出来ないでしょうが

    マウスへの違う実験結果では

    危機への対応や、忍耐力などが育たないのだそうで

    中には短命であるという結果もあるんだそう

    そして、その子孫も短命であるとか・・・

     

    真偽は別として

    適度なストレスは

    人生、いやネズ生には必要ということです。

     

    というか、自然界では

    いつでも死ねるという

    ある意味究極のストレスの中を

    毎日過ごしているわけですからね。

     

    「ストレスフリーが良い」

    なんてのは、自然の摂理からズレているのかもしれません。

     

    ちなみに、西宮サドベリースクールは

    決してストレスフリーではありません。

    自由=ストレスフリーは、大いなる勘違いです。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    132歩目「お師匠」

  • 2018.05.31 Thursday

  • 何かを学ぶ時はどうするのか

    ‘罰

    ⊆ら誰かに教えを乞う

    ざっと2つの方法があります。

     

    ■教師はいません■

     

    西宮サドベリースクールでは

    「教師」

    という存在がありません。

     

    え?と思われるかもしれませんが

     

    学び(知識や経験の伝達)は

    何も学校でしかできない

    教師しかできないわけではありません。

     

    学校では先輩や同輩、後輩

    家庭では親御さん

    地域では、親戚のおばあちゃんや、隣の叔父さんが

    それを担っていきます。

     

    塾の場合もあるでしょうし

    昨今ならネットから、という方法もあります。

     

    公立制度は

    あくまで「教育を受けさせる義務」を担保するソフトで

    「教師」は、その制度を成り立たせるためのハード

    学びを独占したり

    そこでしか学べないわけではありません。

    ※そこでしか学べないこともありますが、全てではないです。

     

    もう少し正確に言うなら

    西宮サドベリーでは

    「教師」

    という「肩書」を持つ人がいないだけで

    ハードとしての「教師」は

    自らが創り出したり、探し出すところです。

     

    それでもまだ抵抗がある方がおられるかもしれませんが

    今回は、それを拭うための内容ではありませんので

    悪しからず・・・

     

    ■お師匠さん■

     

    なので、スクールでは

    「教え合う」姿をよく目にします。

     

    ギターを教えている様子

     

    もちろん、出来るからと言って

    教え方が上手いわけではありません。

     

    相性が合わない場合もあります。

     

    そんな時は

    ^磴人に変える

    独学する

    といった選択をとればいいだけです。

     

    落語や漫才のように

    自分でお師匠さんを選んで、

    門を叩いて弟子入りをする感じですね。

     

    当然辞める時や、門を変える時は

    一定の筋は必要ですし

    自ら選べない場合もあるでしょう

    辞めなければならない時もあるでしょう。

     

    しかし、それが現実社会

    それも大事な学びの1つです。

     

    余談ですが

    私個人は

    「学校では教えてくれないこと」系のタイトルが嫌いです。

     

     

     

    ー西宮サドベリースクールー
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    『Recent Posts』

    『Categories』

    『calendar』
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>


    『Profile』


    阪上 暢義 (のぶ)

    兵庫県宝塚市在住
    関西大学文学部史学地理学科を卒業
    サラリーマンを経て、中学教員を10年続け、2015年度より西宮サドベリースクールのスタッフとなる。
    恐竜とLEGOと社会と音楽と映画と…
    とにかく好きなことが多い
    (心は)16歳。






    『link』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    のぶブログ
    うみブログ
    ぐらブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook

    search this site.

    others

    PR